治療で治せる目の下にできたクマ|原因からわかるクマの種類

ウーマン

若く見せる治療

鏡を見る女の人

頬がたるんでいると、実年齢よりも老け込んで見えてしまいます。また、たるみの症状が重い場合は、ブルドックのように頬の皮膚が垂れ下がり顔が大きくなってしまうおそれがあります。そのような状態になりたくないのであれば、美容外科クリニックに行って頬のたるみを取り除く治療を受けるようにするのが一番です。昔からよく行なわれてきたのは、耳の付け根や髪の毛の中にメスを入れ、余分な皮膚を切除してからギュッと引っ張り上げて縫い縮める手術です。ただし、切るのが耳の付け根や髪の毛の中なので、顔の周辺部に近い部分しかキレイに引っ張り上げることができません。したがって、頬の中でも顔の中心に近い部分には、たるみの症状が残ってしまうことになります。しかし、近年になって登場してきた切らない治療方法であれば、顔の中心近くに生じているたるみもキレイに解消することができます。

切らずに頬のたるみを解消する方法として近年注目を集めているのは、頬に特殊な糸を埋め込む方法です。使用する糸の種類によって施術名が異なっていますが、フェザーリフトやエンゼルリフトなどの名称で呼ばれていることが多いです。ちなみに、純度99.99%以上の金の糸を肌に埋め込む治療の場合は、そのものズバリ金の糸という呼び名が付けられているのが一般的です。メスで皮膚を切る手術とは異なり、たるみの症状が気になっている部分をピンポイントで治療することができる方法であるため、非常に便利です。一方、肌に高周波や超音波を照射して、少しずつ肌のたるみを改善していく方法もあります。糸を埋め込む治療の場合も照射系の治療の場合も、肌に治療痕が残ってしまう心配がないため、高い人気を集めています。